Network 一覧

NXSM-4BRU配下にVPNルータRTX810を接続しIPsecで拠点間ネットワーク

以前書いた記事はNXSM-4BRUにPPPoE情報が入っている状態でRTX810をVPN接続のみに利用する方法だったのですが、今回はNXSM-4BRUのPPPoEは利用せず、RTX810にPPPoE+VPNの設定をする場合について記載します。

なぜこんな形になったかと言うと、前回の記事ではNXSM-4BRUで050IP電話を利用していた環境だった為、PPPoE情報を削除する事が出来なかったから。さすがに最近は050IP電話では無く、ひかり電話のみを利用している事が多くなってきたので、こちらの記事の方が参考になるかと思いアップします。

ポイントとしては以下のような形となります。
・NXSM-4BRUからPPPoE情報を削除
1.NXSM-4BRUと設定用PC(IPは自動取得)を接続し、ブラウザから「http://192.168.1.1」に接続
2.ユーザー名は「user」、パスワードは無し。
3.メニューから「ルータ設定」-「WAN設定」をクリックし、PPPoE設定を削除しておく

・NXSM-4BRUからRTX810のWAN(LAN2)をLANケーブルで接続
・RTX810のLAN1から設定用PCへ接続
イメージ的には下図のように。
nxsm-4bru

この接続をしてからRTX810の設定に移ります。
1.RTX810のLAN1に接続されたPCはDHCPの場合「192.168.100.2」以降が振られるので、ブラウザから「http://192.168.100.1」にアクセス

2.IPアドレスを変更したい場合は設定画面の「詳細設定と情報」から「LANの設定(IPアドレス、DHCPサーバ)」から変更

3.「プロバイダ情報の設定」からユーザーアカウント、パスワードを登録

4.固定グローバルIP契約をしていない場合、「詳細設定と情報」-「ネットボランチDNSホストアドレスサービスの設定」でダイナミックDNSホスト名を登録

5.「詳細設定と情報」-「VPN接続の設定」からTUNNELを追加し、「IPsecを使用したネットワーク型LAN間接続VPN」を選択して必要情報を入力。

これをお互いの拠点で実施する事で無事、NXSM-4BRU配下に接続したRTX810を利用したIPsec-VPNが構築出来ます。


OG400X配下にRTX810を接続してVPN

NTTが設置していったOG400Xi配下にヤマハRTX810を接続し、IPSecVPNを構築したい場合の方法。
OG400Xiのブロードバンドルーター機能を利用している事が多いので以下のように接続・設定する事で「ひかり電話はOG400Xiで、インターネットやVPNはRTX810で」と言う形に変更出来る。

1.OG400XiのLANポートからはRTX810のWANポートへ1本のみ接続
2.OG400Xiに接続されていたLANケーブルはRTX810のLANポートへ移す
イメージとしては下図のような感じ。
20151015_og400xi

3.次に、OG400Xiに設定用パソコンを1台接続してブラウザを開き、URL欄にOG400XiのIPアドレス(初期値では192.168.1.1)を入力
4.ユーザー名/パスワードは初期値「user/user」
5.左側メニューの「WANインタフェース設定」から「接続先(PPPoE)」を選択し、プロバイダ設定が入っているようだったらセッションを無効に変更して保存する
6.後はRTX810の設定をすればOK
・IPアドレスをOG400Xiが使っていたIPアドレスに設定
・DHCP範囲を設定
・PPPoEとしてプロバイダ設定を入れる
・固定IPを取得していない場合はネットボランチDNSの登録
・VPN接続として「IPSecを使用したネットワーク型LAN間接続」で作成

最近のフレッツ光ネクストだと上記のような形でOKだけど、一昔前のフレッツ光プレミアムでCTUを利用するような場合だと一工夫必要となるので、それはまた次の機会に。


さくらインターネットのレンタルサーバを無料で試す(その2:独自ドメイン設定編)

前回の続き。

以前お名前ドットコムで取得していた「lonnai.click」というドメイン名があるので、このドメイン名でさくらインターネットのドメインにアクセス出来るように設定してみる。

ちなみに現在、お名前ドットコムはドメイン登録実績1000万件突破キャンペーンで、ドメイン取得するとラブライブの限定グッズがプレゼントされるらしい。



では手順の説明。

1.さくらレンタルサーバのコントロールパネルにログイン
11

2.左側メニューの「ドメイン設定」をクリック。
1

3.「新しいドメインの追加」をクリック
2

4.「他社で取得したドメインを移管せずに使う・属性型JPドメインを使う(さくら管理も含む)」にある「ドメインの追加へ進む」をクリック
3

5.お名前ドットコムで取得しておいたドメイン名を入力して「送信する」をクリック。
4

6.確認画面が表示されるので「送信する」をクリック。
5

7.続いてお名前ドットコムのドメイン管理画面に進んで「ネームサーバーの変更」から、さくらインターネットが指定するDNSサーバー名を設定する。今回の場合は「ns1.dns.ne.jp」と「ns2.dns.ne.jp」
6
8.ここまで設定することで@/www/mail/ftpとしてアクセスできるよう登録されるので、DNS情報が反映されるまでしばらくまってからアクセスしてみよう。



さくらインターネットのレンタルサーバを無料で試す(その1:申し込み編)

年間で1万円以下程度で利用出来るレンタルサーバを探していたところ、さくらインターネットなら月額515円、年契約だと5,142円で利用出来ることが分かった。ディスク容量も100GBあるし、MySQLやPHP、シェルまで利用出来るということで自分にはちょうどよさそう。
ホームページを見ていたら2週間無料で試せるので、早速登録してみた。

1.下記URLからさくらインターネットのレンタルサーバページを表示。

さくらのレンタルサーバ

スタンダードの「2週間の無料お試し」をクリック。
1

 

2.スタンダードプランにチェックを入れて、初期ドメインとして自分の登録したい名前を入力。
2

3.名前やらメールアドレスやらを入力して…
3

4.パスワードとひみつの質問を入力。
4

5.支払い方法を入力。
2週間のお試し無料でも支払い方法は入力する必要があるようだ。
クレジットカードだとすぐ開通するけど、お試し期間を過ぎると自動的に本登録になるので注意が必要。
本当に利用する場合はいいけど、お試しの場合は2週間後にキャンセルすることを忘れないように。
5

6.最終確認画面が表示されて登録が完了すると、「お申込み受付完了のお知らせ」メールが届く。
あとは「仮登録完了のお知らせ」というメールが届くまで10分ほど待とう。
なお仮登録完了のお知らせメールが届いても、ドメイン情報が行き渡るまで30分ほどかかった。
ま、気長に待ちましょうw

7.では早速案内メールに書いてあったURLにアクセス。
お、「Index of」ってインデックスページが表示されている。
何もアップしていないから当たり前ですね。
9

8.続いて管理画面にアクセスしてみよう。
URLは「https://secure.sakura.ad.jp/rscontrol/」
完了メールに記載されているドメイン名とパスワードを入力する。
10

9.管理画面が表示された。
ここまで1時間も経過していない。自分みたいにどんどん試してみたい人にはピッタリだね。
11

 

次の記事では実際に独自ドメインを割り当ててメールやWebページを作ってみようと思う。



1 2