2014年05月 一覧

SHARP 空気清浄機 KC-D50-B

毎年この時期になると何の原因か分からないけどアレルギーがひどくなり、夜中に目が痒くなって眠れなくて困っていた。
ひどい時は朝起きたら瞼がパンパンに腫れていて目が開きにくいなんてことも・・・

時期が特定されている事から何かの花粉のせいなのでは?と考え、空気清浄機を購入する事にしたのだけど家電屋には1万円位の物から10万超えの物も。困ったなーと思い商品の前で悩んでいたら店員さんが声をかけてくれ(買う気満々だった事を悟られたかw)、シャープのKC-D50を進めてくれたのでそちらを購入。
最近はいつもネットで購入してたけど、すぐ欲しかったので珍しく店頭購入だ。

早速使ってみた感想としては音も静かで寝ているときの運転も気にならないし、目が痒くて起きる事は無かった。まだ一日目なので様子見状態だが、効果に期待したい。


NXSM-4BRU配下にVPNルータRTX810を接続

ヤマハルータでつくるインターネットVPN [第3版]
井上孝司
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 91,513

※2015年10月21日追記:この記事より現状に即した新しい記事をアップしました。

最近はVPNルータを設置しようとしても、上位にブロードバンドユニット機能を持った電話主装置が繋がっていたりして、簡単にはいかない事が増えてきた。

今回もNTTの電話主装置αNXIIに内蔵されているNXSM-4BRUの配下にRTX810を設置してインターネットVPNを構築したいとの事で試してみた。

やったこと(今回、主装置のIPは192.168.1.1だった)

1.RTX810の設置
主装置から出てくるLANケーブルをRTX810のWAN(LAN2)に接続し、RTX810のLAN1から社内LANへ接続。
LAN2は主装置側と通信する必要があるので192.168.1.254、LAN1はLAN側となるので192.168.0.254に設定。

2.NXSM-4BRUにログイン
PCからブラウザを開き、IPアドレス(今回はhttp://192.168.1.1)を入力する。初期値ではユーザー名「user」、パスワード無し。

2.スタティックルートの設定
左側メニューの「ルーティング」をクリックし、「スタティックIPルーティング設定」にある新規ボタンをクリックする。
設定値は「IPアドレス:192.168.0.0」、「サブネットマスク:24」、「経路先:固定IPアドレス」、「経路先IPアドレス:192.168.1.254」

3.VPNパススルーの有効化
左側メニューの「VPNパススルー」から、パススルー機能を有効にする。端末IPアドレスはRTX810のWAN側のIP(192.168.1.254)を指定

4.主装置の再起動
設定保存したら主装置を再起動する。再起動しなくてもpingは通っているように見えるが実際にはWebが見れなかったりするので再起動することが重要みたい。

5.RTX810にVPN設定を入れる
今回はPPTPで外から接続したいのでpp select anonymousで追加した。
なおRTX810にプロバイダ接続設定がないためVPNはGUIから出来ないもよう。CUIから入れるしかないが事例は探せば出てくるので問題ないだろう。

6.接続確認
後は外部から接続できるか確認するのだが、主装置配下のRTX810からではネットボランチDNS機能が使えないため固定グローバルIPの契約をするか、確認君等でIPアドレスを確認してから接続する事になるでしょう。