マルチホームなサーバのマスタブラウザ動作

ネットワークケーブル2本差しで別セグメントで動作させるサーバ、いわゆるマルチホームな環境では、そのサーバがマスタブラウザになるとネットワークの調子が悪くなる?

通常、Windowsではサーバー系OSがマスタブラウザになるようだが、この時に上記のようなサーバが動いている場合、クライアントがネットワーク一覧からワークグループ名をクリックしても「このネットワークリソースを使用するアクセス許可がない可能性があります」とエラーが表示されてしまう事があるみたい。

この場合、Windows Server 2003では「Computer Browser」サービスを無効・停止してしまう。
同じLAN上にはWindows Server 2008 R2もあるが、こちらは標準でComputer Browserサービスは無効になっている。

これでしばらく様子を見てみたが、XPのクライアント機がマスタブラウザとして動作するようになり、ネットワーク一覧でエラーが表示されることもなくなった。

ちなみにネットワーク一覧から誰がマスタブラウザになっているか?を判断するツールとして「ネットブラウザ++」があるので、これを使うとGUIで分かりやすく確認できる。

ただ、現在のバージョンでは一覧表示した後に不正な処理でプログラムが落ちることが多かった。
使い物にならない訳ではないけど、改善されるとうれしい。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

captcha:計算式の回答を入力して下さい *