プリウスαにドライブレコーダー取り付け(DRY-ST3100P)

プリウスαにドレレコ付けたいなーと思っていたので10月最初の三連休に実施。
取り付けたのはユピテルの「DRY-ST3100P」。国産、フルHDの解像度でGPS付き。

あと、電源はシガーソケットからなんだけど見た目がチョット…なので、エーモンのヒューズボックスから取り出してシガーソケットの口になるやつ(1542)も合わせて購入。

一日で届いたので早速取り付け!
まず助手席足元のフタを外してヒューズボックスを確認。右上から4段目が空いているので1542を低背ヒューズに変更して差します。

アースはヒューズボックスの真上らへんに使えそうなのがあったのでそちらを利用。

助手席側のウェザーストリップを外してからAピラー取り外し。
GPSアンテナとかが既に居座ってますので一緒に配線します。このときエアバックの邪魔にならないよう注意!

ガラスをアルコールウェットティッシュでよく拭いて、フロントガラスに取り付け
(景色にボカシ入れてます)

サクッと一時間もかからず取り付け完了。
エンジンかけてから「ピロリン」って音がなるまで少し時間がかかるようですが数秒なので大丈夫でしょう。

ちなみに再生には「PCViewer TypeE」がフリーで公開されています。
Googleマップと連携しているようなのでお出かけ記録としても使えそう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする